新生活の期待

otsuka
第二次世界大戦前は花街もあり賑わっていたという大塚に引っ越してきました。その時代はこの辺り、巣鴨村、って呼ばれてたらしいですよね。新居のマンションの管理人さんのおばあさんが言ってました。
さて休日になり、駅前の商業施設アトレヴィ大塚で買い物をしてから、引っ越してきたときから気になっていた大塚の風俗店に行ってみた。風俗好きな俺にとって、近所の風俗が良いか悪いかは重要です。
受付で支払い、待合室でしばらく待つと個室に案内された。フリーでと言ったけど、綺麗な女の人だ。ただちょっと歳はいってるかも。全然かまわないんですけどね!
年上のテクニシャンで色気のある女性にリードしてもらいながらの、癒される至福の時間を送ります。かなり楽しかった。此処には通ってもいいかなと思える。
引っ越してきた家の近くに良い風俗店あってよかった。大塚での新生活は良いものになりそうだと確信しつつ、帰宅しました。明日も風俗行きそうだ(笑)

何でもあります

大塚はとても住みやすい街なんです。なぜかというと、生活に密着したものが全て揃った
コンパクトシティだからです。まず、ショッピングは、アトレヴィ大塚。大塚駅南口にあります。
2013年にできた待望の駅ビル。テナントは、UNIQLO、JINS、神戸屋キッチン、パステル、成城石井、スタバなどが入っています。
ジェクサー・フィットネスクラブもありとても魅力的なビルです。
グルメも自慢。洋食TOGOO いつも満席。ハンバーグやチキンステーキなどハズレのないお店。「チューボーですよ!」でも紹介されました。
昭和46年に始まった大塚阿波踊り。大通りには屋台もたくさん出店されて人だらけになります。有名人にも会えるかもしれないお祭りです。
大塚駅徒歩1分のレトロな駅近バッティングセンター。思わず行かずにはいられません。
そして大塚は風俗も充実。デリヘル、ファッションヘルス、イメクラ、ピンサロとこれらも駅前で
いつでも満喫できます。手の届く範囲で満足できる大塚でした。